"いけるとこまでいってみるよ。" ってこんなこと。

\"いけるとこまでいってみるよ。\" ってこんなこと。_c0140560_1245415.jpg


引き続き"めりーくりすます☆"です。
クリスマスをきっかけに、
スリラバHPのカーソルを"御神本"にしてみました。

\"いけるとこまでいってみるよ。\" ってこんなこと。_c0140560_1252020.gif

さてさて、
先日、僕が昔からお世話になってる、
"人生の師匠"に久々に会いました。

まあ、黒い黒い世界で活躍してる紳士でして、
"男"と言ったら、まず思い浮かぶ存在がこの人なのです。
僕が小学生の時に出会い、
"良い事"も"悪い事"もすべて教えてくれました。
僕の基盤を作ってくれたような気がします。

師匠は今年で58ヨボス☆
ヨボス(ヨボヨボ)が似合う歳になってきた。

そんな師匠との、
先日の会話が頭から離れず、
いや忘れたくはなく、
ココに記したくなった。


僕「師匠は自分が、いくつまで生きると思う?」

師匠「・・・」

僕「・・・いくつまで生きたい?」

師匠「いけるとこまで、いってみるよ。」


「いけるとこまで、いってみるよ。」


この言葉を聞いた時に僕は涙が出た。
やられた。

クイズで言えば「大正解!」という答えだった。
優勝だ。

この人の職業や立場を考えれば、
この言葉しか当てはまらないのだ。


いやいや違う。
僕達もこの気持ちでいなくちゃいけないのだ。

政治も、教育も、仕事も、恋愛も、遊びも、
具体的に目標を"持ったり" や "持たせたり"ではなく、
いけるとこまで、いってみる。

これだ。

変に言葉を並べたり並べさせたりするから、
期待されたり期待したりするのだ。
評価されたり評価したりするのだ。

人の期待や評価ほど、無責任なことはない。

誉めるのも貶すのも、一瞬だ。
新しい人が出てくれば、そちらに移動する。
ターゲットが変わる。


そんな世の中で、
うまく生きるには、

"いけるとこまで、いってみるよ。" が良い。
"いけるとこまで、いってみるよ。" が丁度良い。


つかもとたかし
by 3robbers | 2007-12-25 13:10 | proverb

僕達、服屋です。


by 3robbers
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30