"初読みは「来福の家」"ってこんなこと。

\"初読みは「来福の家」\"ってこんなこと。_c0140560_122538.jpg


第33回すばる文学賞佳作受賞作「好去好来歌」の筆者 "温又柔さん"が雷店。

あの「来福の家」が1冊の本というカタチとなり、
いよいよ書店に並ぶ日(1月5日)も近いというのだから祝。

そして早々に僕の手元に届けてくれた温さん。有り難い...

温さんのイメージにぴったりな可愛らしくてやさしい表紙に、
これぞまさしく"温又柔"の本だと実感。


2011年の初読みは、
大好きな人が書いた&漫談派(せいこうさん曰く)が書いた、

この本と決めてたんだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

09年10月31日のつぶやきより。RT @seikoito 昨日、すばる新人賞の佳作をとった温又柔さんに会う。互いにスリラバ仲間とは数日前に噂で聞いてたが、「文芸漫談を聞いて作家になりました」とは初耳。初回から欠かさずとのこと。文学に<漫談派が>生まれた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんな温又柔さんのデビュー作「来福の家」は、1月5日集英社より発売!
現在、各紙誌などでも新しい文学として注目されています。


\"初読みは「来福の家」\"ってこんなこと。_c0140560_12323872.jpg「来福の家」
ISBNコード:978-4-08-771383-1
判型/総ページ数:四六判/272ページ
出版社:集英社
定価:1,575円(税込)
発売年月日:2011年1月5日




皆様の初読みに大推薦します。



つかもとたかし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すばる文学カフェ
http://subaru.shueisha.co.jp/

"すばる文学賞"ってこんなこと。
http://robbers3.exblog.jp/12746668

"温又柔は漫談派"ってこんなこと。
http://robbers3.exblog.jp/14328989
by 3robbers | 2011-01-03 12:41 | select
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31