"キッカケは後で話すとして3"ってこんなこと。

おつるのお腹が小さくなったのも確認し、

僕の心配は、いつ産まれる? から どこで産んだ? へ。

心あたりは探しに出るものの力不足なのか、
何も確認できないまま分からないまま。

そんな中、ひいが店に現れて ジタバタしたのが6月中。
そう "御神本家☆お引っ越し計画 ーagainー" がスタートだ。



そんなこんなで、
おつるの赤ちゃんの居場所を気にしながらも7月突入。
この頃、ひいの警戒心 を知ると同時に、おつるの 行動の変化 も知る。


御神本とおつるが普段、主食としてるのはカリカリや缶詰。
2匹で仲良く並んで食べてるのが、いつもの光景であり癒される姿。

更にそれ以上に御神本やおつるが大好きな"おやつ"がある。
それは"棒状"になった魚の切り身であり、
真空パックされた袋をあける音で、飛んで来るくらいの代物だ。

もちろんそんな大好物も、
御神本と並んで食べてたおつる。

しかし、この"棒状の魚"だけは、

口にくわえて外に出る ように。

そして数分後。
店に戻って来るなり僕の足下で鳴く。

それは「もうひとつちょうだい」なんて言ってるようで、
甘えられると弱い僕は「そんなにうまいのか」とついつい与えてしまう。

また、おつるは口にくわえて出ていく・・・


その行動は日に日ににエスカレート。
おねだりの回数も増え、足下で鳴く声も大音量に。

ここまで来ると、僕も馬鹿じゃない。

赤ちゃんに持っていってる と確信したさ。


そこで僕らはある実験にでた。
"棒状の魚"を何本もあげてみて、
赤ちゃんの数を知れないかという作戦だ。

いつものように"おやつ"をねだってきた、おつる。

1本目・・運ぶ。
2本目・・運んだ。
3本目・・また運んだ。

4本目・・運ばず、おつる自身が店で食べた!

もしかしたら子供は3匹か!?

なんて想像だけで盛り上がってるが、
これが本当に赤ちゃんに運んでるとしたら、
おつるはたいしたもんだ。

2本目3本目が貰えるという保証ない。
おつるの小さな脳みそで、そこまで考えて行動してるとは思えない。
ましてや自分が食べれる4本目が貰えるかも分からないのに、
まずは子供に与えてると思うと、おつるの親心は美しすぎる。

泣けてくる。

そんな美しい姿がこちら。





外に出てビルの隙間に入るおつる。
その瞬間、外出中だった旦那(御神本)が、
小走りで左から近づいて来るから、
そのへんは笑ってやってくれ。


つづく


つかもとたかし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

"キッカケは後で話すとして"ってこんなこと。
http://robbers3.exblog.jp/12046234/

"キッカケは後で話すとして2"ってこんなこと。
http://robbers3.exblog.jp/12088337/

"御神本とゆかいな仲間達"ってこんなこと。
http://robbers3.exblog.jp/10695386/
by 3robbers | 2009-08-14 13:26 | mikamoto
カレンダー